新鮮たまごの美味しさ、 そのまま お届けしたいから。


私たちたまごファミリーは、
高知市の郊外、春野の山里で40年間たまごづくりひとすじに取り組んできた
《有限会社ニシモト》の農場直営のスイーツショップです。

たまご屋さんが作るお店だからこそ、
たまごの美味しさや味わいをお客さんにたっぷりと感じてもらいたい。
そんな思いを抱きながらお店づくりの準備をスタートしたのが2011年のこと。

以来、オープンに至るまでの約3年にわたり、
いかにして美味しく、いかにして安全なたまごのスイーツを召し上がっていただくことができるのか、
研究とトレーニングの日々がはじまりました。

私たちがお店をはじめるにあたってまず決めたコンセプトは、
ショートニングや乳化剤、ベーキングパウダー、香料、着色料等の食品添加物は使用せず、
良質な素材の美味しさをそのまま安心して召し上がっていただきたいということでした。

しかし、「ふくらし粉」を使わなければ粉はうまく膨らまず、
圧着剤がなければバウムクーヘンを巻く棒にもきれいに付かず、
丸ごとボトッと落ちてしまったりと、たくさんの失敗を重ねていたのです。

何が違うんだろう・・・どうしたらいいのだろう。
悩み続けたある日、たまご屋としての原点に立ち帰りました。
その日の朝、とれたばかりの新鮮なたまごを使ってみたのです。

するとどうでしょう。
なんのことはない、私たちが願う、美味しくて安全なたまごスイーツは、
私たち「たまご屋さん」だからこそ使うことのできる、新鮮なたまごで実現することができたのです。

だから、たまごファミリーのスイーツは、
自社農場で育った元気なニワトリがその日の朝に産み落としたばかりの
新鮮なたまごでつくっているのです。